出典 : 仙台駅前のエトネさん
大人世代の女性におすすめ

ヘアカットが上手い
仙台市の美容室をライター厳選!

東北を代表する都市・仙台市にはカットの上手な「大人の女性」から支持を集める「魅力的な美容室」が多数あります。特に仙台中心部の商業エリアは西に長く伸びる商店街「ハピナ名掛丁」「クリスロード」「マーブルロードおおまち」の商店街エリア界隈に話題を集めるサロンが集中する傾向があります。また、個人的にお勧めなエリアになるカフェや雑貨店が集まる本町エリアも、地域の情緒を組まれたプライベート感のある味わい深いサロンなどが非常に多く固まっています(一つのビルに複数の美容室がテナントとして入っている事もある程密集しています)。この記事では、美容室探しに悩まれる30代~の「新しい大人女性」に向けた本物志向の美容室をご紹介すると共に美容師さん一問一答形式でご紹介いたします!

SALON LIST

仙台プレミアム美容室一覧😀

--美容師一問一答--

仙台のスタイリスト
一人一人に詳しくお話を伺いました

受賞歴が豊富なお店やコンテストで活躍するお店は、サロンワークでどういったところで、違ってくるのか? 「髪形にこだわりたい」「モチベーションの高い美容師に担当してもらいたい」方も大勢いらっしゃると思います。是非お店探しにお役立てください。

STYLIST LIST

厳選美容師から探す😀

QUESTION
STYLIST
Professional
Recommended

hairstyle

一問一答interview

【コンテストでの受賞=上手い】サロンワークではどこまで評価可能なんですか?

消費者ではなく美容師目線でどう思うか?を仙台の人気スタイリストに聞いてみました。

コンテストに出る時にモデルさんをどうやって綺麗にかっこよくするって凄い考えを巡らせなきゃいけないので、そういった意味で提案力や似合わせ力、あとは、時間内に作らなきゃいけないってところで、凄い早くならなきゃいけない。そういったところで技術が身についたり提供できるものが良くなっていくところです。

#0 1
杉本 健さん

縮毛矯正・パーマが得意

お客様が求めているヘアスタイルをライフスタイルに合わせてしっかり読み取り適度な距離感で居心地の良さを最優先し第三者目線で記憶に残るヘアスタイルを作ります。

QUESTION
STYLIST
Professional
Recommended

一問一答interview

【コンテストでの受賞=上手い】サロンワークではどこまで評価可能なんですか?

消費者ではなく美容師目線でどう思うか?を仙台の人気スタイリストに聞いてみました。

『コンテストで評価されてる方はヘアスタイルに対してストイック向き合っていて、熱量高いなぁと思います。私自身も、コンテストで美容に対する熱をぶつけてます!』

#0 2
田村 鮎子さん

クセ毛、多毛、広がりでお悩みの方!!
パーマスタイルや縮毛矯正などの薬剤を使ったヘアデザインも得意です!

大人女性特有なデリケートな毛質を診断して、年間を通して提案させて頂きます。

〝その時のお客様の気分〟を大切にし、一緒に素敵なヘアスタイルを作っていきましょう!

Instagram:@ayukotamura

QUESTION
STYLIST
Professional
Recommended

一問一答interview

【コンテストでの受賞=上手い】サロンワークではどこまで評価可能なんですか?

消費者ではなく美容師目線でどう思うか?を仙台の人気スタイリストに聞いてみました。

自分を磨く為にしていると思う。バランスが磨かれたりする。コンテストに出るって事は、仕込みを繰り替えてやる。1カ月~2ケ月かかる事もある。スキルが上がる。バリエーションが身に付く。やる事に対して僕はいい事だと思う。挑戦なんで。自信もつく。賞がとれなくても意味があると思う。時間がたっぷり使えて出るなら自分は絶対賞をとりたいと意気込んで獲れないパターンもあったし。中にはやらされて出た人もいると思う。そういう人は身に付かないと思う。今のもってるものを全部出し切る為に仕込んで打ち込んで自分を出し切って獲れなかった人には残るものがあると思っている。箔はつきます。売れているか売れていないか?は、獲ってなくても人柄とかもあるし、お客様自身も100%を求めていない方もいるし60%の仕上がりだけど人がいいからとか色んなパターンがあるんですよ。

#0 3
武田 亜己良さん

一人一人に似合うスタイルを提案していきたいと
思います。ご来店お待ちしております。

 

QUESTION
STYLIST
Professional
Recommended

一問一答interview

【コンテストでの受賞=上手い】サロンワークではどこまで評価可能なんですか?

消費者ではなく美容師目線でどう思うか?を仙台の人気スタイリストに聞いてみました。

サロンワークと違ってコンテストは奇抜なんですけど、ただ、髪に向き合う時間の集中力が凄く高まります。細かいもみあげの処理や耳周り・襟足やトップの一束二束のウェーブの綺麗な出し方などが、ポイントポイントで集中力が必要になるからなんですよ。 一般的なサロンワークの中でこの集中力を出すかっていったら出さないかもしれませんが、コンテストでその集中力や突き詰め方で気づきがあるから一般のサロンワークでも容易にもっていけるんです。 そして、それが早く作るれる様になります。 理屈の整理が出来てくるからなんです。 コンテストに取り組んでいる方って「これだと艶々でかわいいけどペッタンコに見えるし、これだとボリュー ムが出すぎて頭膨らんでる子にはいいかもしれないなぁ」とか気づける様になります。

理屈と結果がわかってくるので、幅が勝手に広がってくるんですよね。 なので、カウンセリングでも「こういうの好きですよね?こういうの嫌いですよね?」みたいな事が伝えられる様になってきます。 こういうの可愛いですよねで終わってしまうのか?って考えるとおしゃれを好む感度の高いお客さんでも対応出来るようになってきます。幅広い層のお客様が付くようになってくると思います。そういう部分でサロンワークでも評価に繋がる事があります。

#0 4
武田 和也さん

悩みのある方お待ちしてます!

同じ髪型でも髪の悩みや好みは人それぞれあります。同じような仕上がりでもそれぞれに合わせた技術を大切にして、どうしたらベストなのかを常に考えて施述してます。大胆にチェンジや少しの印象チェンジなど、なんでも相談してください!